vio 脱毛前 自己処理

vio脱毛前自己処理に関する知識サイト。vio脱毛前自己処理の最新情報を掲載。

あなたが探しているvio脱毛前自己処理の直近情報を分かりやすく掲載している重要サイトになります。なおかつ、あなたに是非知ってほしいvio脱毛前自己処理に関する大切な情報も掲載しております。早速クリックしてください。

vio脱毛前の自己処理方法とは


ミュゼプラチナム

詳細について
プールや海水浴の機会が多くなる季節になると、vioゾーン脱毛を考える人は多いと思われます。

しかし、自分で自己処理で脱毛するよりも処理を残すことなく綺麗に仕上がることや美肌効果も期待できることから、脱毛サロン美容クリニックなどでプロによる施術を考える人も多いと思われます。

ただ、vio脱毛を初めて受ける人にとって、どんな風に過ごせばよいのか事前にやっておくことは何なのか悩む人も多いのではないでしょうか。

そこで、脱毛サロンや美容クリニックで施術を受ける前の自己処理方法について考えてみましょう。

vio脱毛における契約をして予約日を決めたら、その予約日の脱毛前に自己処理をしておくように脱毛サロンや美容クリニックのスタッフから指示を受けることもあるかと思われます。

その理由として、長い毛のままだとうまく光を当てることができずにやけどをする恐れがあるため、正確性を高めるためにも事前に短く処理しておくことを求められるからとされています。

では、脱毛前の自己処理はどういう風にやっておけば良いのでしょうか。

おすすめとしては、電気シェーバーはさみカットする方法が良いと言えます。

カミソリ毛抜きでも処理を行えないことはないのですが、カミソリの刃の刺激によって肌にダメージを与えてしまったり毛抜きで毛を引っこ抜く途中で毛が切れてしまうと脱毛効果に影響することもあります。

また、範囲が広いことと毛にある程度長さがある場合には電気シェーバーやはさみでカットするのが簡単で手っ取り早いと言えるのです。

まず、vラインの処理法ですが、はさみである程度短い状態にまでムダ毛をカットしていきます。

長い状態のままで電気シェーバーを使用すると毛が絡まってしまう恐れもあるのである程度はさみで短くしてから使用するようにしましょう。

そして、肌に負担をかけることがないという点でも電気シェーバーとはさみはおすすめの道具と言えます。

電気シェーバーを使う段階になったら、必ず毛の流れに沿って上から下に剃って行くようににしましょう。

ここで毛の流れに逆らって下から上に剃ってしまうと毛穴を傷つけてしまったり赤みや肌トラブルの原因になったり肌にダメージを与えてしまうことにもなりますので、剃る方向を間違えないように意識して剃って行くのが望ましいと言えます。

iラインoラインについては非常にデリケートで自分からは見えにくい部位でもあるので慎重に行っていくことをおすすめします。

はさみで短くカットしたら、iラインに沿って強く充てるのではなく軽く当てるくらいの要領で電気シェーバーを当てていきましょう。

剃れないからと言って無理に電気シェーバーを当ててしまうと色素沈着ができる原因となり、施術において光を照射するときにやけどの原因になってしまうこともありますのでできないところは無理をせずに専門家に任せるのが良いでしょう。

oラインは、やはりなどを使用してみながらお尻の曲線に沿って電気シェーバーを当てて肛門の周りのムダ毛を処理して行くのが良いでしょう。

ここもiラインと同様デリケートな部位でありなかなか自分で見ながら剃るというのは難しい場所ですので、シェービングサービスを提供しているサロンやクリニックであれば多少お金がかかってもそのサービスを利用するのが良いかもしれません。

少しでも費用を浮かせたいからと無理をしてしまい大事なところを傷つけてしまっては元も子もありませんので気を付けましょう。

また、電気シェーバーを使用する際は刃を新しいものに交換してから自己処理をするようにしましょう。

刃が古く切れ味が悪い状態で処理を行うと、大事なところを傷つけてしまう可能性もありますし、衛生面においても新しい刃で処理を行うのが望ましいと言えます。

しっかり脱毛前に自己処理を行って、肌トラブルを起こすことなく綺麗にvio脱毛できるようにしたいですね。

ミュゼプラチナム

詳細について